口の中の血豆は危険信号? 肝臓をいたわって脳出血を防ごう!


口の中に突然できる血豆。皆さんは経験ありませんか?
私は頻繁にできます。もう何年も前からですが、たて続けにできるときと、しばらくできないときとがあるような感じです。


恥ずかしながら最近のものです・・・二つ並んでほぼ同時に発生しました (゚Д゚)!

専門的には口腔内血腫とか血疱などと言われるようです。例えばスルメやカリカリに揚がったフライのような口触りの固いものを食べているときや、熱々のラーメンを啜っているときなどに頬の内側や舌の縁などにポチリと膨らみが生じてピリピリと痛みだします。たいがいは小豆粒ぐらいまで膨らんで停止するのですが、ひどいときは喉近くでソラ豆大まで膨らむこともあります。


大きくなって二つが結合した後、自然に粘膜が破れて萎びました (ToT)


以下は私自身の経験的な推測ですが、発生した血豆が大きくなるのにはおそらく浸透圧も作用していて、粘膜を介して口の中の水分が血豆内に誘引されることで血豆の内圧が亢進し、それによって粘膜が内側から放射状に引き剥がされ、そこからさらに粘膜内に出血が生じるという悪循環があるように感じています。

その根拠として、血腫の発生時に水を口に含むと、血腫にしみるというか、痛みが増します。なので、自宅にいるときなら木綿針などで穿刺放血し、内圧を逃がして血豆が大きくなるのを防いだりしますが、食塩を口に含むのも応急的に血豆の拡大を抑止する効果があるような感じです。塩辛いですが・・・。

血豆を潰すとそこに口内細菌が取りついて口内炎になってしまう心配は確かにあるのですが、私の場合は放っておいてもどのみち結局は潰れてしまいますし、血豆が拡大する前に早めに放血してやった方が結果的には被害が小さくて済む感じです。後は一昼夜ほど、うがい薬などでなるべく口の中の清潔を保つように心掛けます。細菌感染がなければ口腔粘膜の回復は案外早いです。


「それにしてもなぜこんなに口の中に血豆が出来るのだろう・・・」

疑問に思ってネットなどで調べてみたのですが、自分の症状に照らして腑に落ちる解説がなかなか見当たりません。たしかに固い食べ物や歯の当たりなどは口の中に血豆が出来る誘因になっていると思いますが、頻発するという点で、何かもっと根本的な原因が作用しているような気がするのです。


そんな中で自分なりに調べて分かってきたのは、血液が凝固する仕組みには血液中の「血小板」という成分が主要な役割を果たしていて、それが少なくなると出血が起こりやすくなったり止まりにくくなったりするということと、その血小板の産生を促すトロンボポエチンという物質が「肝臓」で生成されているということ。血小板は骨髄でつくられていますが、肝臓の不調でトロンボポエチンが少なくなると、血小板の産生も減ってしまうということなのです。どうやら血液の問題には肝臓も深く関わっているようです。

肝臓のこととなれば酒好きな私としては耳の痛い話になりそうですが、確かに検診ではいつも肝臓の数値について注意を受けるので、おそらくこのあたりが原因なのではと見当をつけました。

口の中の血豆に限らず、出血が起こりやすい「出血傾向」ついてさらに調べてゆくと、よく耳にするワーファリンという薬の作用機序についての記述が目にとまりました。ワーファリンは血管内に血の塊が生じて心臓や肺や脳の血管を詰まらせる血栓症の心配のある方に「血液をサラサラにする薬」として処方されている「抗凝固薬」に分類される薬です。その作用は「血小板」の産生を抑制するもので、血小板が少なくなると血液の凝固性が低下し血栓症が予防されます。このような「血液をサラサラにする薬」には他にも種類がありますがここでは割愛させて頂いて後ほど補足させていただきます(※)。

そんな「血液をサラサラにする薬」ですが、よくお年寄りが腕などに赤黒い皮下出血を作って
「ぶつけた覚えもないんだけど・・・」
と、首をかしげたりしているのは、そうした薬の服用によって細かな毛細血管からの出血が止まりにくくなっているためのようです。ですので歯科治療や外科手術の際には、大量出血を招かないように、そうした抗凝固薬を服用していないか慎重に確認がなされたりもしています。


心筋梗塞平癒後に抗凝固薬を服用されている方の腕。皮下出血の原因に心当たりはないという。

では、それらの抗凝固薬はどういう作用で血小板の産生を抑制しているのでしょう。私自身の出血傾向は薬とは関係ありませんが、何か手掛かりが掴めそうです。

ワーファリンについて調べてみると、血小板の産生には「ビタミンK」が必要で、薬はその吸収を阻害することで血小板の産生を抑制しているとのことです。よく医師から納豆やワラビや海藻などの摂取を禁止されている方がいますが、それらの食品にはビタミンKが豊富なので、薬で吸収を抑えているのにわざわざ摂取しないようにということのようです。


ということで、ワーファリンという薬の作用を調べてみたら、出血を止める働きのある血小板の産生に「ビタミンK」が必要であることがわかりました。もしかすると私の出血傾向にも関係しているかもしれません。次回はそのビタミンKについて調べてみたいと思います。


※補足:「血液をサラサラにする薬」にはワーファリンのような「抗凝固薬」の他に、「抗血小板薬」と分類されるものがあります。そちらは血小板を減らすのではなく、血小板の働きを抑制する作用によって血栓を防ぎます。外傷で出血した際の止血性は抗凝固薬に比べると良いようです。ビタミンKを制限する必要もないので食事制限もありません。


>>次の記事「12の血液凝固因子とビタミンK」