お酒の功罪


頻繁に発生する口の中の血豆や、白目が真っ赤になる結膜下出血などを経験し、そうした出血傾向の原因を肝臓の不調に見いだして、肝臓をいたわる目的で色々調べていますが、肝臓をいじめている原因といえば、やはりお酒かなと思わざるをえません。

美味しく楽しく、そして時に切なく頂くお酒ですが、胃袋に収まったあとは体にどのような作用をもたらし、どのように処理されてゆくのでしょう。どうやら私は長い付き合いの親友のことを、実はあまり良く理解していなかったようです。できればこれからも、なるべく長くお付き合いを頂きたいので、彼のことをもう少し詳しく知っておきたいと思います。

さて、「百薬の長」と言われるお酒ですが、ストレスが数多の病を引き起こすことが知られるようになった現代社会の中で、確かにお酒に救われる場面というのは本当に多いです。生理的にも例えば代謝を促したり緊張をほぐして心身をリラックスさせたりといった作用がありますし、さらにはコミュニケーションの潤滑剤としても、私などは本当に依存するところが大きいです。まさにアルコール依存ですね。

一方で、お酒によって心身の健康が脅かされたり、仕事に支障が生じたり、重大な事故が引き起こされてしまったりすることもまた、多くあります。心の箍(たが)を弛めるのがお酒ですから、それを適量で自制するというのはなかなか難しいのですが、適量を守って楽しむには多少のコツもある気がしているので、そうしたこともご紹介したいと思います。

アルコールの代謝


それでは本題に入らせて頂きますが、ここからは「お酒」を「アルコール」と言い換えて進めさせて頂きます。ちなみに「代謝」というのは、体に取り込んだ栄養を様々に変化させながら利用していく過程のことをそのように言います。

さて、摂取されたアルコールですが、体の中では以下のような流れで処理されていきます。

1.アルコールが胃と小腸で吸収され血液中に取り込まれる。
   ↓
 (血流に乗ってアルコールが全身を巡り酩酊が始まってくる)
   ↓
 (生理的には血管拡張、血圧低下、脈拍の増加、利尿などの影響がある)
   ↓
2.血液中のアルコールが肝臓の酵素(※)の働きで有毒のアセトアルデヒドに変化する。(※アルコール脱水素酵素による酸化作用)
   ↓
3.血液中のアセトアルデヒドが肝臓の酵素(※)の働きで安全な酢酸に変化する。(※アセトアルデヒド脱水素酵素による酸化作用)
   ↓
4.酢酸は心臓や筋肉でエネルギーとして利用され水と二酸化炭素になる。

以上のようにアルコールは主に肝臓で作り変えられて処理されますが、アルコールを酢酸に代謝させていく酵素の量や活性には個人差があり、そのことがつまりは「お酒に強い人」と「お酒に弱い人」の主な違いであるといえます。ただし、そうした処理能力ばかりではなく、酔いやすいか酔いにくいかということで言うと、アルコールに対しての神経系の感受性の違いも、個人差をもたらす一因として知られています。

ところで、アルコール代謝の過程で生じるアセトアルデヒドですが、これは有毒物質です。アルコールから変化した後も血流に乗って全身を巡り、肝臓の働きによって徐々に処理されていきますが、顔面紅潮・動悸・眠気・吐き気・頭痛などの原因にもなります。肝臓はこの毒物を処理しながら、やはりある程度はダメージを受けます。けれども肝臓は大変に再生力の強い臓器ですので飲酒の量や頻度が過剰でなければ影響は少ないのですが、それが過剰である場合にはダメージがじわじわと蓄積され、アルコール性肝炎から慢性肝炎、さらに肝硬変、肝臓癌という経過を辿ることも珍しいことではありません。さらにいえば、アルコールの弊害として肝臓病と常に一緒に指摘されているのが脳出血なのです。

お酒に弱い人も飲み続けると強くなる?


アルコールをアセトアルデヒドに、そしてアセトアルデヒドを酢酸にする酵素は、お酒を飲み続けると増えることが解っています。もともと飲むとすぐに顔が赤くなって心臓がバクバクしていた人が、だんだん飲んでも大丈夫になったというのはよく聞く話しです。ですので、少量ずつ毎日飲んでいるとお酒に強くなるというのは、個人差もあるので一概にはいえない部分もあるのですが、概ね本当の話です。

では、お酒の弱い人が頑張って飲み続けてお酒を飲めるようになるのが良いことかというと、そこにはリスクが存在します。もともとお酒に弱い人は、強い人に比べてお酒で健康を損なう確率が高いのです。ですからもともと弱いという自覚のある人は鍛えて酒豪になろうなどと思ってはいけませんし、私も含めて酒量が多くなっている方は、自制しつつ楽しむ工夫が必要になってきます。

酒量を抑える工夫って?


健康を害さない1日のアルコール摂取量は、成人男性が20g、女性が15gだそうです。これは日本酒なら一合、ビールなら中瓶一本程度だそうです。焼酎なら半々のお湯割り一杯程度でしょうか。なんだか少し物足りない感じがしますね。「毎日でなきゃもう少し飲んでも大丈夫かな・・・」とか、すぐにそういうことを考えてしまいます。たしかに休肝日は肝臓に再生の猶予が与えられるので、肝臓には良いですね。私は今は週に2日の休肝日を設けています。

休肝日と言っても自分の意志力ではなく、アルコール依存を自覚し始めた頃に偶然に老人施設の夜間当直のお話しがあり、そこに自分を放り込んでみました。私が自営業で時間の融通が効くだろうと言うことで舞い込んだ仕事でしたが、朝夕の入居者の安否確認、施錠、ボイラーと照明の管理といった内容で、夜間は布団でしっかり眠ることができます。3日に一度、否応なくドライな夜を過ごし、8千円足らずですが賃金も頂けます。余談でしたが、飲酒習慣を変えられない時は、敢えて飲めない環境に自分を放り込むのも一つの方策です。

また、晩酌を始める時に御飯を一膳テーブルに乗せておくのも良い方法です。



とかく飲酒家はひとしきり飲んだ後の仕上げとして御飯を食べますが、飲酒せずに食べる夕飯の美味しさを私は随分長い間わすれていました。御飯とおかずの組み合わせが美味しくて、ついつい御飯をお代わりしたりして、そうするとお酒があまり進まなくなってしまうんですね。肝臓を痛めないためのオマジナイだと思って、御飯を一膳、ぜひ試してみて下さい。

同様に、例えば大切な用事のある前日の飲み会など、絶対に二日酔いになるような飲み方は出来ないというときには、事前に少し腹ごしらえをしてから参加すると良いでしょう。残念ながら会でのお酒もご馳走も、今ひとつ美味しく感じられなくなってしまうかもしれませんが、飲みすぎてしまうこともないはずです。大切な予定を優先するために、先手を打って自制することも、時にはひつようです。

365日頑張っている肝臓に・・・


Wのオルニチン




(トップページへ戻る)