血管を破壊する「食後高血糖」というサイレントキラー


先日新聞を見ていたら、厚生労働省が行った糖尿病予備軍についての調査結果が公表されていました。その中で目にとまったのが「食後高血糖」という言葉です。

血糖値は空腹時で110mg/dl、食後2時間が140mg/dlを越えるようだと問題視されるわけですが、特定健診等では常に空腹時の検尿や採血で検査が行われるので、食後の高血糖というのは検査結果に見えてきません食後2時間で200mg/dlを越えていると糖尿病が強く疑われるということです。

血糖が血管にダメージを与えることは認識していたのですが、食後高血糖は「隠れた糖尿病」であると言えます。

糖尿病予備軍という扱いになっていますが、いくつかの文献に目を通してみると、食後に血糖値の跳ね上がる「血糖値スパイク」が確認されている人の血管事故のリスクは、空腹時にも血糖値の高い「糖尿病」の罹患者に比べても劣らぬほどに高いことが述べられています。

参考サイト:糖尿病ネットワーク

糖尿病の怖さは多様な合併症にあるわけですが、私自身もこれまでに糖尿病に端を発して脳卒中を発症された方、視力を失った方、腎機能が低下して人工透析が必要になった方、下肢の切断を余儀なくされた方など、糖尿病の合併症を患っておられる方と接する機会は多くありました。それらの深刻な病を併せて発症されている方も少なくありませんでした。

糖尿病の合併症は、高い血糖値の影響で大小の血管の内壁が肥厚し、血液の流れが詰まり気味になることで生じてきます。

食事から摂取された糖質は、肝臓でブドウ糖に変換され血液中に供給されますが、血中のブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンの働きで細胞に取り込まれ、生体活動のエネルギーとして消費されます。その際に利用されなかった糖質は脂肪に変換されて貯蔵されますが、脂肪の貯蔵が増えすぎると、膵臓からのインスリンの分泌が少なくなり、そうすると血糖の消費が不活発になって、余った糖質は脂肪に変換され・・・という風な悪循環の中で、血液中に糖質や脂質の余剰な状態が慢性化し、血管が蝕まれ、肥満も進行します。

私は以前にこのブログで膵臓についてとり上げ、糖尿病についても触れておきながら、私自身の健診結果はそれほど悪いものではなかったので、血糖の影響というのは除外して考えていました。

けれども思い起こしてみれば健診結果の長期的な比較で「血糖値が少し上がってきていますね」と指摘さたこともありますし、血中脂肪の値は毎回基準値超え。ここ二年程で急に体重も増えて、周囲からお腹の出っ張りを指摘されるようにもなっていました。

正直、自分の体に生じている色々な徴候が、「食後高血糖」というキーワードに接して一つに繋がったような気がしました。

では、食後の急激な血糖値の上昇である「血糖値スパイク」を改善するにはどうしたら良いのでしょう。

そのカギは、食事のとり方と、運動にあるようです。

食事は近頃よく言われていることですが、野菜サラダや肉、魚などを先に食べて、ご飯などの炭水化物は後に食べるというのが、やはり有効な様です。野菜の豊富な食物繊維は消化管からの糖質の吸収を穏やかにし、また肉や魚などのタンパク質は胃の動きを緩やかにして、やはり糖質の吸収を抑制する効果があるということです。

そして何と言っても重要なのがやはり運動で、自分でもまったく不足していると思うところなのですが、強い運動をする必要はなく、早歩き程度の軽い運動を一日数回に分けて行うのが、血糖の消費が促されて効果的であるということです。

私自身はまだ食後の血糖を計ってみたわけでもないのですが、あまりに状況が符合し過ぎているので、とりあえずは食後高血糖の予防法に習って、生活改善を試みようと思っています。しばらくそれで頑張ってみて、体重計に成果が現れなかったり、口の中の血豆などの出血傾向が今後も続くようなら、その時は医師の指導を仰ぐことにします。


脂肪の代謝を促しつつ、糖の吸収も抑制してくれるサプリメント。機能性表示食品に認定されているので信頼感があります。


ファンケルの大人のカロリミット



女性向けにはこんなサプリメントも。
いま注目の酵素の他に、糖の吸収を抑制する成分もしっかり含まれています。


カロリナ



関連記事:膵臓と出血傾向



(トップページへ戻る)