出血傾向に関連の深い臓器の働き


口の中の血豆や鼻出血、白目が真っ赤になる結膜下出血や身に覚えのない皮下出血など、出血しやすく止血しにくい状況があった場合、まず疑われるのは血液凝固に主要な役割を果たす血小板の減少や機能異常ですが、例えばあまり聞き慣れない脾臓という臓器は血小板の貯蔵庫としての機能を有していますし、肝臓は血液の凝固性に関わる成分の大半を産生しています。また膵臓は毛細血管に悪影響を及ぼすことのある血糖の代謝に深く関わっていますし、臓器には出血傾向と関連の深いものがいくつかあります。以下で詳しく見ていきましょう。

1.脾臓と出血傾向

2.膵臓と出血傾向

3.肝臓と出血傾向

出血傾向に関連の深い臓器の働き関連コンテンツ

膵臓と出血傾向
お酒の多飲が原因となる疾患に「膵炎」があります。性別では女性よりも男性に発症が多く、その7割が習 ..... >> 続きを読む

12の血液凝固因子とビタミンK
出血が起こりやすく止まりにくいという状況があるとき、血液の凝固性能に異常がないか疑ってみることは ..... >> 続きを読む

出血傾向との関連性
脾臓は肝硬変などの病気の影響で肥大することがあります。脾腫と言われる状態ですが、肝臓と脾臓は脾静 ..... >> 続きを読む